Oracle OCNA(302)認定概要

Oracle 認定Oracle Solaris 10ネットワーク管理者(OCNA)
Oracle OCNA認定資格は、LANやOracle Solarisオペレーティングシステム(Oracle Solaris OS)を含むネットワーク環境でシステムの管理を担当する経験豊富なシステム管理者を対象としています。
前提条件として、任意のエディションのOracle認定Oracle Solaris 10システム管理者またはSun認定Solarisシステム管理者(SCSA)を取得している必要があります。
Oracle OCNA認定概要:
前提条件:
Oracle認定Oracle Solaris 10システム管理者
または
Sun認定Solarisシステム管理者(SCSA)
必須試験:
310-302:Oracle Solaris 10 Network Administrator Certified Expert Exam
試験番号: CX-310-302 
関連資格: Oracle認定Oracle Solaris 10ネットワーク管理者
試験料: 34,230円(税込) 試験時間: 105分
受験契約の同意も含めての試験制限時間になっていますので、事前に確認されたい方はORACLE CERTIFICATION PROGRAM 受験契約書をご参照ください。このほか、試験受験時にはアンケートのための時間(15分)が必要です。
出題数: 64問
合格%: 62%
testpassport過去の問題はいろいろなOracle問題集を提供して、100%合格率を保証されてます。IT技術者は10~20時間の独学だけで、一発合格が可能です。英語は世界で通用する言語ので、Testpassportの多くの認定試験対策は英語版です。