1Z0-803認定試験、1Z0-803問題集、1Z0-803参考書、1Z0-803学習教材、1Z0-803練習問題

どのようにすれば効率的にOracle Java and Middleware 1Z0-803認定試験の準備をして一回で試験に合格できるのかということです。
TestpassportのOracle Java and Middleware 1Z0-803問題集は豊富な経験を持っているIT専門家が研究したもので、問題と解答が緊密に結んでいるものです。
本当のOracle Java and Middleware 1Z0-803試験に出題される傾向のあるポイントにまで集中することができる正確性があるので、短期間で合格することができます。
弊社のOracle Java and Middleware 1Z0-803参考書はあなたが自分の夢を実現することを助けられます。
弊社はずっとOracle Java and Middleware 1Z0-803トレーニング資料をアップグレードしていますから、提供して差し上げた製品は一年間の無料更新サービスの高いものがあります。

試験番号: 1Z0-803
試験名: Java SE 7 Programmer I
試験時間: 150 分
このほか、試験受験時には受験契約の同意やアンケートのための時間(15~30分以内)が必要です。
出題数:80問
合格ライン:63 % 合格ラインは変更されることがあります。
合格ラインポリシー
追加情報:
Java SE 7 認定資格のお知らせについては、こちらをご覧ください。
Oracle Certified Java Programmer, Silver SE 7 認定資格として認定されるためには日本語で試験を受験いただく必要があります。
英語試験で受験された場合、Oracle Certification Program としての認定対象とはなりますが、 Oracle Certified Java Programmer 資格として同時認定の対象とはなりませんのでご注意ください。
不正行為に関するポリシー
再受験について
出題形式:選択問題
受験料(税抜き): 26600 円

弊社のOracle Java and Middleware 1Z0-803勉強資料はあなたを一回で試験に合格させるだけでなく、1Z0-803認定試験に関連する多くの知識を勉強させることもできます。
弊社のOracle Java and Middleware 1Z0-803練習問題は最近更新されたもので、実際試験で出題される可能性がある問題をすべて含んでいて、あなたが一回で成功することを保証できます。
弊社のOracle Java and Middleware 1Z0-803学習教材を購入した後、私たちは一年間で無料更新サービスを提供することができます。

1Z0-803試験によっては、ここに示されていない関連分野も出題される場合があります。1Z0-803試験内容をより適切に反映させ、明確にするために、次のガイドラインは事前の通告なく変更されることがあります。

Javaの基本
変数のスコープを定義する
Javaクラスの構造を定義する
main()メソッドがある実行可能なJavaアプリケーションを作成する
他のJavaパッケージをインポートしてコードでアクセスできるようにする

Javaのデータ型の操作
変数を宣言および初期化する
オブジェクト参照変数とプリミティブ変数を区別する
オブジェクトのフィールドに対して読取りと書込みを行う
オブジェクトのライフサイクルについて説明する
オブジェクトのメソッドを呼び出す
StringBuilderクラスおよびそのメソッドを使用してデータを操作する
文字列を作成および操作する

演算子と決定構造の使用
Javaの演算子を使用する
カッコを使用して演算子の優先順位を変更する
==とequals()を使用して文字列と他のオブジェクトが等しいかどうかをテストする
ifおよびif/else構造を作成する
switch文を使用する

配列の作成と使用
1次元配列を宣言、初期化、インスタンス化および使用する
多次元配列を宣言、初期化、インスタンス化および使用する
ArrayListを宣言および使用する

ループ構造の使用
whileループを作成および使用する
拡張forループを含むforループを作成および使用する
do/whileループを作成および使用する
ループの構造を比較する
breakとcontinueを使用する

メソッドとカプセル化を操作する
引数と戻り値があるメソッドを作成する
staticキーワードをメソッドとフィールドに適用する
オーバーロードメソッドを作成する
デフォルトコンストラクタとユーザー定義のコンストラクタを区別する
コンストラクタを作成および多重定義する
アクセス修飾子を適用する
カプセル化の原則をクラスに適用する
値を変更するメソッドに渡した場合のオブジェクト参照とプリミティブ値に対する影響を判断する

継承の操作
継承を実装する
ポリモフィズムの使用例を示すコードを開発する
参照の型とオブジェクトの型を区別する
キャストが必要なタイミングを判断する
superとthisを使用してオブジェクトとコンストラクタにアクセスする
抽象クラスとインタフェースを使用する

例外の処理
チェックされる例外、RuntimeExceptionsおよびエラーを区別する
try/catchブロックを作成し、通常のプログラム?フローが例外によってどのように変更されるかを判断する
Javaで使用される例外について説明する
例外をスローするメソッドを呼び出す
一般的な例外クラスとカテゴリを認識する