1Z0-808トレーニングの材料、1Z0-808問題集、1Z0-808試験教材、1Z0-808フィードバック、1Z0-808出題範囲

Oracle Java and Middleware 1Z0-808試験を通して、あなたも自分の技能を高めて、仕事に役に立つスキルを多くマスターすることができます。
Testpassportは、専門家や試験に合格した候補者によって証明効果的なOracle Java and Middleware 1Z0-808トレーニングの材料です。
実際には、Oracle Java and Middleware 1Z0-808認定試験を受験して認証資格を取るのは一つの良い方法です。
弊社のOracle Java and Middleware 1Z0-808問題集を利用したら、あなたが気楽に試験に合格することができるようになります。
弊社のOracle Java and Middleware 1Z0-808試験教材は、インターネット上でユニークな良い品質を持っています。

Oracle Java and Middleware 1Z0-808フィードバックをご参照ください

1Z0-808合格
問題集を繰り返し読み込め、すべての内容を暗記しました。そして受験し、合格することができました。実によい参考書でしたが、感謝しております。

弊社のOracle Java and Middleware 1Z0-808問題集を購入し、あなたは簡単にあなたがITに非常に大きな改善言葉と行動との間の距離を持つことになります。
弊社のOracle Java and Middleware 1Z0-808勉強材料は包括的であり、価格は認証の成功率は100%であり、プロのIT認定サイトです。

試験番号: 1Z0-808
試験名: Java SE 8 Programmer I
試験時間:150 分
このほか、試験受験時には受験契約の同意やアンケートのための時間(15~30分以内)が必要です。
出題数: 77 問
合格ライン: 65%
Beta exam score reports will be available in CertView approximately January 26, 2015.
合格ラインポリシー
追加情報:
Java SE 8 認定資格のお知らせについては、こちらをご覧ください。
Oracle Certified Java Programmer, Silver SE 8 認定資格として認定されるためには、日本語で試験を受験いただく必要があります。英語試験で受験された場合、Oracle Certification Program としての認定対象とはなりますが、Oracle Certified Java Programmer 資格として同時認定の対象とはなりませんのでご注意ください。
不正行為に関するポリシー
再受験について
出題形式:選択問題
受験料(税抜き): 26600 円

Oracle Certified Java Programmer, Silver SE 8 認定資格は、Javaアプリケーション開発に必要とされる基本的なプログラミング知識を有し、上級者の指導のもとで開発作業を行うことができる開発初心者向け資格です。

日常的なプログラミング・スキルだけでなく、さまざまなプロジェクトで発生する状況への対応能力も評価することを目的としています。

Oracle Certified Java Programmer, Silver SE 8 認定資格を取得するためには、Java SE 8 Programmer I(1Z0-808) 試験の合格が必要です。

1Z0-808出題範囲:

Javaの基本

変数のスコープを定義する
Javaクラスの構造を定義する
mainメソッドを含む実行可能なJavaアプリケーションを作成する、コンソール出力など、コマンド・ラインからJavaプログラムを実行する
他のJavaパッケージをインポートしてコードでアクセスできるようにする
プラットフォームの非依存性、オブジェクト指向、カプセル化などのJavaの機能やコンポーネントを比較対比する。
Javaのデータ型の操作

変数を宣言および初期化する(プリミティブ・データ型のキャストを含む)
オブジェクト参照変数とプリミティブ変数を区別する
オブジェクトのフィールドに対する読取りと書込みの方法を理解する
オブジェクトのライフサイクル(作成、再代入による間接参照、ガベージ・コレクション)について説明する
Boolean、Double、Integerなどのラッパー・クラスを使用するコードを開発する
演算子と判定構造の使用

演算子の優先順位を変更するカッコを含む、Javaの演算子を使用する
==とequals()を使用して文字列と他のオブジェクトが等しいかどうかをテストする
ifおよびif/else構造や3項構造を作成する
switch文を使用する
配列の作成と使用

1次元配列を宣言、初期化、インスタンス化および使用する
多次元配列を宣言、初期化、インスタンス化および使用する
ループ構造の使用

whileループを作成および使用する
拡張forループを含むforループを作成および使用する
do/whileループを作成および使用する
ループの構造を比較する
breakとcontinueを使用する
メソッドとカプセル化の操作

引数と戻り値があるメソッド(オーバーロードされたメソッドを含む)を作成する
staticキーワードをメソッドとフィールドに適用する
コンストラクタを作成およびオーバーロードする(デフォルト・コンストラクタへの影響を含む)
アクセス修飾子を適用する
カプセル化の原則をクラスに適用する
値を変更するメソッドに渡した場合のオブジェクト参照とプリミティブ値に対する影響を判断する
継承の操作

継承とそのメリットについて説明する
多態性の使用方法(オーバーライドおよびオブジェクト型と参照型など)を示すコードを開発する
キャストが必要なタイミングを判断する
superとthisを使用してオブジェクトとコンストラクタにアクセスする
抽象クラスとインタフェースを使用する
例外の処理

チェック例外、非チェック例外およびエラーを区別する
try/catchブロックを作成し、通常のプログラム・フローが例外によってどのように変更されるかを判断する
例外処理の利点について説明する
例外をスローするメソッドを作成して呼び出す
一般的な例外クラス(NullPointerException、ArithmeticExcpetion、ArrayIndexOutOfBoundsException、ClassCastExceptionなど)を見分ける
Java APIの主要なクラスの操作

StringBuilderクラスおよびそのメソッドを使用してデータを操作する
文字列の作成と操作
java.time.LocalDateTime、java.time.LocalDate、java.time.LocalTime、java.time.format.DateTimeFormatter、java.time.Period の各クラスを使用してカレンダーのデータを作成および操作する
特定の型をもつArrayListを宣言および使用する
Predicate式を返す簡単なラムダ式を記述する

弊社のOracle Java and Middleware 1Z0-808問題集は良い学習プラットフォームを提供することができます。
良い適切なOracle Java and Middleware 1Z0-808参考書を使用すると、認定試験に参加するのは初めてである受験者のために非常に必要です。
あなたに概要と適切、高品質、カバレッジのOracle Java and Middleware 1Z0-808学習材料は多くを持っているので、安心して感じることができます。
1Z0-808問題と解答を安心に利用してください。