重要な社会でもっとも少ないお時間を使って、Oracle 11g 1Z0-102試験に合格するのは一番よいだと思います

試験番号:1Z0-102
試験名称:Oracle WebLogic Server 11g: System Administration I
関連資格:Oracle Certified Associate, Oracle WebLogic Server 11g System Administrator
試験時間:90 分
問題数:65
合格率:67%
フォーマット:複数の選択肢
試験登録:Pearson VUE
Oracle認定アソシエートであるOracle WebLogic Server 11gシステム管理者は、Oracle WebLogic Server 11gのインストールと設定、Java EEアプリケーションのOracle WebLogic Server 11gへのデプロイ、コンフィグレーションのコンフィグレーションなど、WebLogic Server 11gシステム管理者が実行する管理タスクについて熟知している必要があります。 Oracle WebLogic ServerのWebプロキシとしてのOracle HTTP Server WebLogic Server 11gシステム管理者として認定されたOCAは、アプリケーションのフェールオーバーとロード?バランシングをサポートするようにOracle WebLogic Serverクラスタを構成できる必要があります。
TestpassportのOracle 11g 1Z0-102問題集はIT専門家が認証試験について自分の知識と経験を利用して研究したものです。
合格率は100%を確認してから弊社のOracle 11g 1Z0-102勉強資料として販売します。
重要な社会でもっとも少ないお時間を使って、Oracle 11g 1Z0-102試験に合格するのは一番よいだと思います。
Testpassportは長年の研究をわたって、Oracle 11g 1Z0-102認証試験に関する品質が高く、範囲は広い教育資料が開発しました。

Oracle 11g 1Z0-102出題範囲:
Oracle Fusion Middlewareプラットフォームの概要
Oracle Fusion Middlewareコンポーネントの説明
WebLogic ServerとFusion Middlewareコンポーネントの関係について説明する

Java Enterprise Editionの用語とアーキテクチャの定義
Java Enterprise Editionの技術を説明する

Oracle WebLogic Server 11gのインストール
グラフィカルインストーラを使用してWebLogic Serverをインストールする
WebLogic Serverのサイレントインストール
ORACLE_HOME、MIDDLEWARE_HOMEおよびWEBLOGIC_HOMEの説明
オンラインヘルプとオフラインヘルプにアクセスする

単純なドメインの設定

WebLogic Serverドメインの要素を記述する
WebLogic Serverドメインの定義
管理サーバーと管理対象サーバーの比較
構成ウィザードを使用して単純なドメインを作成する
WebLogic Serverドメインディレクトリの構成と内容を記述する
スクリプトを使用したWebLogic Serverの起動と停止
テンプレートを使用したドメインの構成

ドメインテンプレートビルダを使用してドメインテンプレートを作成する
構成ウィザードでドメインを拡張する
WLSドメインテンプレートを持つ他の製品を記述する
Administration ConsoleおよびWLSTの使用

WebLogic Server管理コンソールにアクセスする
管理コンソールの各部の説明
ヘルプシステムの各部の説明
管理コンソールの設定にアクセスする
設定を変更する(ロックと編集、変更、表示、変更と再起動(オプション)、変更を有効にする)
WSLTスクリプトを実行する
一般的なWSLTコマンドの説明

管理対象サーバーの構成
管理コンソールを使用して管理対象サーバーを構成する
WebLogic Sc??ripting Tool(WLST)を使用して管理対象サーバをコンフィグレーションする
管理対象サーバを起動する
WLSTまたは管理コンソールを使用してサーバーをシャットダウンする
パックとアンパックでリモートマシン上の管理対象サーバを作成する
管理対象サーバー独立モードの定義

boot.propertiesファイルの作成と使用
ノードマネージャの設定
マシンを構成し、それにサーバーを割り当てる
ノードマネージャの機能を説明する
Javaベースのノードマネージャの設定、起動、停止

Oracle WLS環境でのログの表示と管理
管理コンソールでサーバログを設定する
サーバーログファイルのエントリを解釈する
管理コンソールでサーバの標準出力を設定する
管理コンソールからログにアクセスする
コンソールを使用してログフィルタを作成して適用する

展開の概念
Webアプリケーションの自動デプロイ
管理コンソールを使用してWebアプリケーションのデプロイメント、再デプロイメント(更新)、アンデプロイ(削除)
管理コンソールからWebアプリケーションデプロイメント記述子を編集する
管理コンソールを介して配備されたWebアプリケーションをテストする
WebLogicとWebサーバーの関係を記述する
weblogic.Deployerを使用してWebアプリケーションをデプロイ、再デプロイ、アンデプロイする
WLSTを使用したWebアプリケーションのデプロイ

Java EEアプリケーションのデプロイ
Java Webアプリケーションの構造と部分を記述する
Javaエンタープライズアプリケーションの構造と部分を記述する
WLS共有ライブラリを展開してアプリケーションに関連付ける

高度な導入
展開計画が何をしているかを記述する
weblogic.Deployerを使用してデプロイメントプランを作成する
管理コンソールからデプロイメントプランを作成する
アプリケーションとともにデプロイメントプランを使用する
プロダクションの再デプロイメントによるデプロイ(バージョン管理されたアプリケーション)
ステージングモードを定義する(ステージ、ノーダージ、外部ステージ)

JDBCの理解とデータソースの設定
JDBCデータソースを設定する
接続プールを構成する
データソースの使用方法を記述する
管理コンソールを介してサーバーのJNDIツリーを表示する
データソースを制御する(中断/再開)
管理コンソールからデータソースを監視する

Java Message Service(JMS)リソースの設定
JMSメッセージのスタイルを記述する
WebLogic ServerのJMSアーキテクチャ(JMSサーバ、JMSモジュール、JMS送り先、JMS接続ファクトリ)
管理コンソールを使用してJMSサーバを作成およびコンフィグレーションする
管理コンソールを使用して接続ファクトリを作成および設定する
管理コンソールからJMSモジュールを作成する
管理コンソールを使用してキューとトピックを作成および構成する
永続メッセージの設定しきい値とクォータの設定
JMSリソースとメッセージを監視する
クラスタリングの概要
WebLogic Serverクラスタの作成
基本と多層クラスタアーキテクチャの比較
クラスタ通信の説明(ハートビート、ピアツーピア)
クラスタの構成
管理コンソールを使用してクラスタを作成および構成する
管理コンソールを使用してサーバーをクラスタに追加する
OHSをクラスタ?プロキシ?サーバーとして構成する
プロキシプラグインがロードバランシングとフェイルオーバーを実行する方法を説明する
クラスタの管理
アプリケーションをクラスタにデプロイする
クラスタ内のセッション状態の複製を記述する
レプリケーショングループを構成する
インメモリセッションレプリケーションを構成する
Java Database Connectivity(JDBC)セッションレプリケーションの設定
ファイルセッションのレプリケーションを設定する
ステートフルセッションEJBのステートレプリケーションの説明
クラスタにサービスをデプロイする(DataSource、MultiDataSource)
セキュリティの概念と構成
WebLogic Serverセキュリティレルムを記述する
管理コンソールを使用してプロバイダデータを移行する
管理コンソールからユーザーとグループを作成する
管理者によるロールとポリシーの設定

弊社のOracle 11g 1Z0-102勉強資料を使用すると、実際の1Z0-102試験問題のすべてが含まれて、それだけでも試験に受かることができます。
弊社のOracle 11g 1Z0-102過去問は完全にリソースと試験の質問が装備され、1Z0-102試験内容が含まれています。