1Z0-066試験に合格するのに役立つのTestpassportの1Z0-066問題集を提供しています

試験番号:1Z0-066
試験名称:Oracle Database 12c: Data Guard Administration
対応資格:Oracle Certified Expert, Oracle Database 12c: Data Guard Administrator
所要時間:150分
質問の数:92
合格点:61%
1Z0-066試験では、バージョン12.1.0.2に対して検証されています
試験形式:多肢選択
試験価格:245ドル
オラクル認定エキスパート、Oracleデータベース12cに:Data Guardの管理者の認定は、Oracleのアクティブなデータガードを使用して、データ保護環境でのOracle Net Servicesの管理、物理的および論理的なスタンバイ・データベースの作成作成および監視の経験を持つデータベース管理者のためのものですデータガードブローカ構成、および他の中の構成のデータ保護モード。この試験に合格するも、あなたの中で流暢およびOracle Data Guardの概念、構成、管理、最適化、監視、データ保護、HAとディザスタリカバリをしっかりと理解を証明しています。この認定を獲得しますあなたのスキルや知識を進めるために継続的にあなたのコミットメントを示しています。
Oracle Database 1Z0-066試験に合格するのに役立つのTestpassportの1Z0-066問題集を提供しています。
Testpassportによって提供したOracle Database 1Z0-066勉強資料の正解率は非常に高く、1日にぐらいだけ勉強したら、試験に合格することができます。
Oracle Database 1Z0-066試験に失敗すれば、あなたは問題集を購入する費用を全部取り返すことができます。
Oracle Database 1Z0-066問題と答えを暗記しただけで、試験に合格することができます。
1.Which two statements are true for Data Guard environments with multi-tenant databases?
A.DB_UNIQUE_NAME must be specified differently for each pluggable database within a multi-tenant
standby database.
B.Each pluggable database within a multi-tenant physical standby database has a minimum of one
associated Oracle Net service name.
C.Each pluggable database within a multi-tenant physical standby has one MRP background process
running during redo apply.
D.A pluggable database within a multi-tenant standby database can have a different open mode than the
container database
E.A pluggable database within a multi-tenant standby database can have a different database role than
the container database.
Answer: A, D
2.Your Data Guard environment has two remote physical standby databases
Client applications use the local naming method to connect to the primary database instance.
You want applications to automatically connect to the new primary database instance in case of a
switchover or a failover
Which will fulfill this requirement?
A.Create a database service on each standby database that is started automatically by a trigger, when the
database rote is PRIMARY, modify the connection description used by client applications to include all the
standby hosts and connect to the database instance using that service name.
B.Create a database service on the primary database that is started automatically by a trigger, when the
database role is PRIMARY, modify the connection descriptors used by client applications to include all the
standby hosts and connect to the database instance using that service name.
C.Set the INSTANCE_NAME parameter identically on all databases; modify the connection descriptor on
client applications to include all the standby hosts and connect to the database instance using that service
name.
D.Set the DB_NAME and DB_UNIQUE_NAME identical on all databases, modify the connection
descriptors on client applications to include all the standby hosts and connect to the database using that
service name.
Answer: A

Oracle Database 1Z0-066出題内容:
Oracle Data Guardの基本
Oracle Data Guardののアーキテクチャを説明してください
物理的および論理的なスタンバイおよびスナップショット・データベース間の適用可能性を説明します
ようにOracle Data Guardを実装することの利点を説明します
OracleのマルチテナントデータベースでData Guardの使用を説明します

Enterprise Managerのクラウド・コントロールを使用したフィジカル・スタンバイ・データベースの作成
Data Guard Broker構成を作成します。
フィジカル・スタンバイ・データベースを作成します。
Data Guard構成を確認します
Data Guardのに関連した編集のデータベース・プロパティ
Data Guard構成をテストします

Data Guard環境でのOracle Netサービスの管理
Data Guard構成内のクライアント接続を構成
自動的に新しいプライマリ・データベースにクライアントをリダイレクトするために、フェイルオーバー手順を実装します
Data Guard環境でのアプリケーションの継続性を使用

SQLおよびRMANコマンドを使用したフィジカル・スタンバイ・データベースの作成
フィジカル・スタンバイ・データベースとロールの推移の作成をサポートするために、プライマリ・データベースとOracle Net Servicesの構成
ACTIVE DATABASEのRMANコマンドからスタンバイ・FOR DUPLICATE TARGET DATABASEを使用して、フィジカル・スタンバイ・データベースを作成します。

OracleのアクティブなData Guardの使い方
フィジカル・スタンバイ・データベース上のデータにアクセスするためにリアルタイムクエリを使用します
フィジカル・スタンバイ・データベースのRMANブロック変更トラッキングを有効にします
大陸間構成のデータ損失ゼロの保護を拡張するために遠Syncを使用します
一時的な元に戻す。グローバル配列およびセッションシーケンスを使用して
自動ブロック・メディア・リカバリを使用し
リアルタイムのカスケードを構成します

スナップショット・スタンバイ・データベースの作成と管理
フィジカル・スタンバイ・データベースの一時的な、更新可能なスナップショットの要件を満たすために、スナップショット・スタンバイ・データベースを作成します。
バックフィジカル・スタンバイ・データベースへのスナップショット・スタンバイ・データベースを変換します

ロジカル・スタンバイ・データベースの作成
ロジカル・スタンバイ・データベースを作成するかを決定
ロジカル・スタンバイ・データベースを作成します。
SQLは、フィルタリングを適用する管理

Oracle Data Guardのブローカの基礎
Data Guard Brokerのアーキテクチャを説明してください
Data Guard Brokerのコンポーネントを説明してください
Data Guardのブローカのメリットを説明します
Data Guard Brokerの構成を説明

Data Guard Broker構成を作成します
Data Guard Broker構成を作成します。
Data Guard Brokerの構成を管理します

Data Guard Broker構成の監視
Data Guard構成を管理するために、Enterprise Managerを使用します
Data Guard構成を管理するためにDGMGRLを起動します

データ保護モードの設定
データ保護モードを説明してください
ご使用の構成のデータ保護モードを変更します

ロールの推移を実行します
データベースロールを説明
スイッチオーバーを実行
フェールオーバーを実行

Data Guard構成でのフラッシュバック・データベースの使用
フラッシュバック・データベースを構成します
フラッシュバック・データベースを使用する利点は、Data Guard構成で説明します

ファスト・スタート・フェイルオーバーの有効化
ファスト・スタート・フェイルオーバーを構成します
ファスト・スタート・フェイルオーバー構成に関する情報を表示します
オブザーバを管理します
ファスト・スタート・フェイルオーバー構成でロール変更を実行します
手動でプライマリ・データベースを回復

Oracle Data Guard構成でのバックアップとリカバリの考慮事項
Recovery Managerを使用(RMAN)は、Data Guard構成内のファイルをバックアップおよび復元します
フィジカル・スタンバイ・データベースへのバックアップをオフロード
Data Guard環境でのデータベースのリカバリ
Data Guard環境でのアーカイブREDOログの管理

Data Guard構成でのパッチの適用やアップグレードデータベース
パッチを適用し、伝統的なパッチ方法を使用してデータベースをアップグレード
ローリング・アップグレードを実行します

Data Guard構成の最適化
モニタ設定のパフォーマンス
最高のパフォーマンスのためのREDO転送の最適化
SQL Applyを最適化