Oracle Data Warehouseing 11g Implementation Specialist(515)資格試験

Oracle Data Warehouseing 11g Implementation Specialist 資格は、データ、ウェアハウスとして Oracleデータベースを使用することができる技術を習得していることを証明します。Oracle Data Warehousing 11g Essentials資格を受けるには、1Z0-515合格する必要があります。1Z0-515試験は、中級レベルのインプリメント経験をお持ちの方を対象にしています。 試験番号: 1Z0-515  関連資格: Oracle Data Warehousing 11g Certified Implementation Specialist OPN認定スペシャリスト(OPN Certified Specialist) 試験料(税込): 22,260 円 試験のお申込み: ピアソンVUE社 試験時間: 120 分 出題数: 61 合格%: 78% Oracle資格を取るいい方法がありますか?自分で受験してない資格の難易度はちょっと判断しかねますので、基本的に受験した資格だけ載せてあります。testpassportの1Z0-515練習問題はデータ、ウェアハウスの基礎、パラレル化、パーティション化、結果キャッシュ、Advanced Compression、データ、マイニングの使用、ODI と OWB によるデータ統合、Exadata Storage Server と Oracle Exadataデータベース、マシン、最善のデータ、ウェアハウス実装などの試験内容を含んで、しっかりと勉強すれば、合格できます。弊社が開発した実践の1Z0-515参考書を使って、10~20時間の勉強時間があればもう十分です。… Continue reading

310-090全攻略問題集

Oracle 認定ビジネスコンポーネントディベロッパ(OCJ-BC)認定資格は、EJBアプリケーションの設計、開発、テスト、配備、統合を担当する、Enterprise JavaBeans (EJB)テクノロジーのビジネス?コンポーネント開発者を対象としています。 Oracle 認定ビジネスコンポーネントディベロッパ(OCJ-BC)認定資格を取得するには、1つの試験に合格する必要があります。Oracle 認定ビジネスコンポーネントディベロッパ(OCJ-BC)認定試験を受ける前に、任意のエディションのOracle認定JavaプログラマまたはSun認定Javaプログラマ(SJC-P)を取得している必要があります。 前提資格: Sun認定Javaプログラマ(SJC-P)(Editionは問わない) 又は Oracle認定Javaプログラマ 必須試験: 試験番号: CX-310-090(Java Enterprise Edition Business Component Developer Certified Professional Exam) 関連資格: Oracle認定ビジネスコンポーネントディベロッパEE 1.3 試験料: 31,500円(税込) 試験時間: 120分 受験契約の同意も含めての試験制限時間になっていますので、事前に確認されたい方はORACLE CERTIFICATION PROGRAM 受験契約書をご参照ください。このほか、試験受験時にはアンケートのための時間(15分)が必要です。 出題数: 70問 合格%: 64% Testpassport 310-090全攻略問題集は詳しい問題と解答を提供して気楽100%合格することができます。Testpassport Oracle過去問は全部IT専門家グループによって作り上げられます。初心者として問題と解答(Q @ A)を見ると、すぐ分ります。… Continue reading

OCP認定資格について

OCP認定資格については、下表をご参照ください。 認証のメーカー 認証資格 試験科目 OCP認定資格(相関情報:こちらへ) ORACLE MASTER Gold Oracle Database 11g資格 前提資格:ORACLE MASTER Silver Oracle Database 11g 資格 必須試験:1Z0-053 ORACLE MASTER Gold Oracle Database 10g資格 前提資格:ORACLE MASTER Silver Oracle Database 10g資格 必須試験:1Z0-043 ORACLE MASTER Gold Oracle9i Database資格 前提資格:ORACLE MASTER Silver Oracle9i Database 必須試験:1Z0-032と1Z0-033 Continue reading

Oracle認定Javaプログラマ認定資格を取得したいですか?

Oracle認定Javaプログラマ認定資格を取得したいですか?以下はOracle認定Javaプログラマ認定資格の概要: Oracle認定Javaプログラマ資格の認定要件 Oracle認定Javaプログラマ認定資格は、Javaプログラミング言語の包括的なスキルを証明したいプログラマを対象としています。Oracle認定Javaプログラマ認定資格を取得するには、1つの試験に合格する必要があります。この試験を受ける前にOracle認定Javaアソシエイツを取得している必要はありません。 STANDARD EDITION 6認定資格: 必須試験: 310-065(Java Standard Edition 6 Programmer Certified Professional Exam) 試験番号: CX-310-065  関連資格: Oracle認定JavaプログラマSE 6 試験料: 31,500円(税込) 試験時間: 180分 受験契約の同意も含めての試験制限時間になっていますので、事前に確認されたい方はORACLE CERTIFICATIONPROGRAM 受験契約書をご参照ください。このほか、試験受験時にはアンケートのための時間(15分)が必要です。 出題数: 60問 合格%: 58% STANDARD EDITION 5認定資格の概要: 必須試験: 310-055(Java Standard Edition 5 Programmer Certified Professional Exam) 試験番号: CX-310-065  関連資格: Oracle認定JavaプログラマSE 5 試験料: 31,500円(税込) 試験時間: 180分 受験契約の同意も含めての試験制限時間になっていますので、事前に確認されたい方はORACLE CERTIFICATIONPROGRAM 受験契約書をご参照ください。このほか、試験受験時にはアンケートのための時間(15分)が必要です。 […]